震災日記2 2011年3月12日㈯

【テーマ】

なし。なんの学び、お役立ち情報でもありません\(^o^)

【前置き】

のちに『東日本大震災』と呼ばれるあの地震から10年が経ちました。

私は実はいまだに思い出すと胸がざわざわするので宮城県に再来できていませんし、

震災関係の番組も見ません。発信もしていませんでしたが、

今年は解放していこうと思います。

記録してある日記と写真を観て思い出しながら当時の心境と環境の事を

何日かに亘って書いていきます。

【本編】

2021312日㈯午前600

本格的な避難生活がスタート

電気は非常灯のみ、ガスなし。水は飲む分だけの有限。

情報なし、ガソリンはあるだけ、食料補給なし、道路は洪水の状態。

水があまりないので、洗顔や歯磨きなどは出来ない。

この日から3食少しずつの食事を作り配給しよう。と、また誰からともなく話が出てまとまり、準備開始。

白衣の上に防寒でジャンパーを羽織っていたが、調理する時は一応白衣でする。

お客さん450名と従業員120名分。合わせて570名分だ。

この非常時に、万が一足らないと困るので多めに想定して作ったと記録にある。

温かいものもを作ろう。

ホテルの敷地は広い。

建物内で火を熾せる広いテラスにU字講